2006年11月03日

かねてより、わんこの飼い主願望があったが、ようやく決心がついた。

というかやっと奥さんの許可が出た!

以前ブリーダーさんのところに行った時であった「ふれぶる」がずっと気にかかっていた。

まったく、 ぶさいくな犬 である。

でも、ずっと目が語りかけている。兄弟から比べるとかなりマイペースで、やんちゃなやつ。
山の中のブリーダーさんのところでかなり粘って、迷って明るいうちに行ったのに帰る頃は、あたりはどっぷり暗くなっていた。そこではこいつはかなりはしゃいで動き回っていたが、帰りの車ではとてもおとなしかった。

いきなり、決めて連れて帰ってしまったため、車の中ではおしっこシートを敷いて奥さんが抱っこ。車の中ではウトウトしていた。
家に着く前にペットショップへ駆け込み、取り合えずゲージやその他犬を飼うのに必要な諸々のグッズを買い込んだ。店員は親切なのだが、しゃべり好きで説明を長々として買い物が終わる時には閉店時間になっていた。

ようやく、新しいわが家だ。
玄関を入りうちの娘とご対面、何も知らない娘は息を吸うような声の出ない声で「ひゃ~」と口を両手で抑え、かなりびっくりしていた。
娘の好きな犬のタイプではなかったらしいが「ぶさいくで嫌だ」とか言いながらも、結構かまっていた。
なんじゃ、こいつ~(笑)

ケージを組み立て、ベッドやトイレをセッティング、どうにかわんこの住処ができた。あとは、育犬・しつけだ。
いきなり、トイレをちゃんとシートでしたものだから「おお、こいつはえらいじゃないか」と思っていたが、これは少々見誤りのような気もした。