2008年02月17日
  腫瘍

昨日は来年度の町内会長を決める会議があった。
どうもうちの奥さんはくじ引きに弱いということで、おれが行くことになった。
まじで、話し合いもなく、いきなりくじ引きという、役員選出にビックリしたが、
数グループに分かれて、各グループ6~7人の中から4人くらい(逆)当たりくじだ。
おれの班は一人時間が取れないという理由で抜けたあと6人残り、その中から4人は役員に残ることになった。その3分の1という確立で上手く外れたおれは、帰ったら、 beer ビールで祝ってもらえた。満足!
こんなときは待遇がいい。
嬉しいじゃないか good

 
嬉しいことといえば、他にも・・・
昨年12月のある日、突然出現した、おできおできだけど「腫瘍」と言われ、なかなか傷口が乾かず、手術をしないとダメかと思っていたら、先月中旬くらいから、傷口が乾いてきて、いつの間にかイチゴのように腫れていたものも無くなり、最近では白い毛が生えてきた。

よかった、よかった。

病名は長くてよく覚えてないが、おそらく皮膚組織球腫とかいうのにあてはまるのだと思う。参考までに写真を記録しておこう。

発症時
shuyou

現在
shuyou

ワンコにしか見られない病気らしい。
腫瘍が少し大き目で、かさぶたができるたびに掻くので、せっかく直りかけては、流血し、この繰り返しで、少し時間がかかったけど、切開をしなくて済んで、本当によかったよかった。
 

「おか~さん、もっとbeer

2007年12月07日

今朝バロンの後ろ首の下辺りに血がべっとり付いているのを発見!

え”!? どうしたんだ!!?
なんじゃ、こりゃ!!!

夕べお風呂に入ってキレイキレイしたというのに、しかもオスなのになんだなんだalertとビックリ!!

そういえば2~3日前にポツンとおできのようなものができていた。ちょっとカサブタもできていたのでいつもの湿疹の枯れかけかと思っていたら、かさぶたが取れても赤い腫れがあり、しかも前より大きくなっているような気がする。それが今朝傷ついたのか出血しているではないかhiyo_orooro

さっそく病院に行かなくてはと思い、お昼前に病院へ行ってきたhospital

shuyo
先生に診てもらうと、

「これは腫瘍です」と言われ、顔面蒼白!( ̄□ ̄;

落ち着け、落ち着け、話をもっとよく聞くんだ。
と、よく聞いてみると良性だろうということで、
これはよくある腫瘍らしい。
でも念のため組織検査をすることになり、結果は一週間後。

なんとなくほっとしたが、まだ安心はできない。
ほっとけば数週間で消えるらしいが、
中には消えないのもあって、その時はちょこっと切り取るか、切開して切り取るかの二通りの方法があるらしい。最悪の場合にならないように日ごろの行いには気をつけよう。(意味不明?hiyo_ase

ほんとに、びっくりしたぞ、バロン。
薬もらったから、ちゃんと薬飲もうな。

2007年11月08日
  

そういえば、すっかり忘れていたぜ!

そろそろフェラリア予防と蚤ダニの薬をもらいに行かないといけなかった。
さっそく会社から帰ってすぐに、かかりつけの病院へ出かけた。バロンがキューリにゴーヤやレタスなどを食べる話から、何を食べさせたらいいのかいろいろ聞いてみた。タマネギ類とかチョコとかブドウ以外ならほとんどなんでもOKということだった。
いろいろ聞いていたら歯磨きの話とか次々と話が止まらず、バロンの散歩が遅くなってしまった。
すまん、すまん・・・ ase

散歩から帰るとご飯なのだが、ついさっきの病院での話が頭の中によぎり、ドッグフード以外も食べたいだろうな・・・とつい魔が差した。

さっそくバナナをやってみた。
ンガッ! ガツガツ!!
すごい勢いだ。
すっかり、気に入ったようだ・・・。

よかったよかったhiyo_niko

次はドッグフード・・・と思いきや、俺らのご飯を食べているところにやってくる。
そーかそーか、さみしいのか。
と思いバロンのご飯もこっちに持ってきてやった。

ところが、どっこい
 
 
 
食べない!alert

 
それどころか、自分のご飯はほっぽり投げ、
この必死の形相で 
gohan.jpg
腕の間から顔をゴイゴイ入れてきて、俺たちのご飯を食べようとするではないか・・・。かわいいが、、ここは心をにして、怒らねば。
 
 
ごめんね、バロンくん、自分のごはん食べようね~hiyo_cook 
 
 
 
_____________

本日の薬代

ハートメクチン(フィラリアの薬)3ヶ月分 4500
フロントライン(ノミ・ダニの薬)3ヶ月分  4800

合計¥9760(税460)
 
 
 
 
PS:そういえば、、、細かい話で申し訳ないが、薬代・・・立て替えたままで、まだもらってないんだけど・・・

2007年05月12日

trust
きょうは狂犬病予防とフィラリア予防と検診のため病院に行った。
いつもの調子で落ち着きがない。
しっかり捕まえておかないと、すぐに他のわんこたちに向かっていく。

trust
誰か来ないかな~~~

さあ、ようやくバロンの番だ。
まずは体重 12.4kg
ほぼ、この辺に落ち着いたようだ。
血液検査のため、採血。
trust
消毒が冷たい???

チクッと注射針がさしても
バロンは平気。
美人の看護士さんに抱かれてデレ~っとなっている。

次は、関節のチェックとか、耳、歯の具合を見る。
歯磨きがちょっと悪いらしい。
やはり歯磨きはブラシでしてやるのが一番だそうだ。
それには口をあける訓練をしてやらないといけないらしい。
バロン、きょうから、やるぞ!

狂犬病の注射。
これも平気な顔をしている。
わりと楽なやつ。

診察は異常なし。

去勢の話も少々。
あとは、おれらの判断によるだけだそうだ。
なくなるとさみしいよな~~~
んーー、困った。

診察室を出て5分ほど待つ。
血液検査の結果を聞きに再び診察室へ入る。

すべて正常値。

きょうは狂犬病予防の注射をしたので、
フィラリアの薬は2日後に飲ませるよう言われた。


_____________


本日の診療費

狂犬病注射            3520
ハートメクチン(フィラリアの薬) 3000
CBC生化学検査(血液検査)  4500
フロントライン(ノミ・ダニの薬)  3200

合計¥14755(税535)

2007年01月28日
  注射!

きょうはトリミングサロンでフットケアと動物病院でワクチン接種の予定。

朝、起きると、、、ん、、、いやな予感・・・
う””
また、失敗か!

ベッドに・・・ 饅頭 発見!
バロンも少々お尻のほうに茶色いシミが・・・

きょうのトリミングは足だけだから
このまま行くのはまずい・・・出かける前にぶちゃだ。

bucha

ぶ~ちゃぶ~ちゃ

さあ、ついでにおれも風呂に入るかな。

ざぶ~ちゃぶ~ちゃ

あ~、きもちいいなぁ。
バロン、おかあさんにぶろ~ぉしてもらったか?
そうか・・よかったな。ん~、いい匂い。

さあ、出かけるぞ。

ラブちゃん行きつけのトリミングのお店を教えてもらった。
バロンもトリミングサロンは初めて。落ち着きのないヤツなので、ちょっと心配。

triming

やっぱり・・。
何で逃げ腰なんだよ~。
普通はトリマーにはおとなしくなるって聞いているが・・・

耳が汚れてるって?(苦笑)

あっという間にお昼になったので、ちょっとおくさんと買い物に。
バロンのベッドももうひとついるかな~?
この間からスポンジがボロボロになってハウスに落ちている・・・
ベッドの縁のクッションが欠けてきている・・・

帰るとバロンのベッドや服など結構買い物してしまったことに気がついた。
バロンのモノを買いに行くのは楽しいな~。

おっと、そろそろ動物病院へ行く時間。

hospital

バロン行きつけの病院。
きょうは緊急処置があったらしく、1時間待つことになった。

いよいよ診察。
体重を計る。

9kg だね

そう先生に言われ、驚いたが、うちの奥さんがバロンに触っていたため測りなおしたら、8.7kgだった。
ちょっと安心したぜ。

何事も異常なく、、、といいたいところだけど、ちょっと歯がない部分があるらしい。そのままもともと歯がないのだったら、問題はないけど、歯があるのに生えてこない場合、放っておくと顎の骨が溶けることがあるらしい。そうなると厄介なので、適当な時期にレントゲンでも取って確かめないとといけないそうだ。

犬のレントゲンは人間のように簡単にいかない。全身麻酔が必要になるそうだ。それだけリスキーなのだ。
去勢の話もあったのでするのならそのときに一緒にしましょうということになった。

さあ、きょうは狂犬病の注射もあるよ。
スタッフの女性に抱っこされて チクッ と。
バロンは割と注射は平気だ。
よしよし、いい子だな。

きょうは、おやつも買ってあるからな。

2006年12月16日

2回目のワクチン接種(8種)に行って来ました。ブリーダーさんのところで4種のワクチンを接種してたから正しくは3回目かな?
注射の前に先生に発育状況、健康状態などを診てもらう。順調に育っているようとのことでひと安心。
ただし「歯が抜けて一部まだはえてきて無い場所があるので少し様子を見て場合によってはレントゲンで確認したほうが良いかも」ということだった。
次にはえてくる歯が無い場合はそれはそれでよくあることなのでそんなに心配はいらないが、歯茎の下に歯があるのにはえてこない場合は人間の親知らずといっしょでのちのちトラブルの元になるかもしれないそうだ。

おお! バロン大変だ!

それと早いうちなら歯茎を切開してやることによりもしかしたらはえてくる可能性もあるとのこと。

それから食糞 については
飼い主の気をひくために食べるのではなく、おいしくて癖になっているようならエサといっしょに糞が不味くなるものを食べさせるのもいいかも、とのこと。
そうそう食事の量が足りなくてひもじくて食べる場合もあり、とのこと。
「でもフレンチはあまり食べさすと太るからねえ・・・・」とも。
最後に去勢についても話していただいた。
「去勢のメリット、デメリットそれぞれありますから飼い主さんがよく考えてみてください」と言われた。

え"、男の大事なものを・・・・
どうしたものか・・・・・

2006年11月12日

やっぱりそうそう仕事で2連休はないので動物病院連れて行って早くワクチンを打ってもらいたいねぇ。
バロンも庭に出たがるし、あと一週間といえば結構長いなぁ・・・。
ほんまはおれが 早く散歩に出たい!!んじゃ!! (苦笑)
どうしようかな?
奥さんと電話帳をパラパラめくって調べる。
とりあえず日曜でも開いているところで、昨日とは別の動物病院へ電話をしてみた。
シャンプーのシャの字もお風呂のおフの字も聞かれなかった。月齢、犬種などを聞かれ、検便持参ということだった。
電話の感じではよさそう連れて行くことに。ちょっと迷子になったが、無事に病院に着いた。

院長先生は茶髪の若い先生だった。結構ザックバランな話し方をして、ズバズバ物を言うタイプだ。なかなか好感がもてそうだ。
いろいろ説明してもらった、歯が生え変わることとか次のワクチンのこととか、次に来た時にはこういう説明もしますよとかあれこれ、、、話している間にアナフィラキシーショックが出ないかどうか見ていたらしい。

無事、副作用もなくバロンは元気です。

2006年11月11日

今日はおれが休みなので2回目のワクチン接種に行くことに予定していた。
先日、某動物病院へ電話したら、環境が変わって(つまり自宅で飼い始めてから)一週間以上してからと言われたので8日目になる今日まで待っていた。
念のため病院へ予約の電話すると「一週間以内にシャンプーをしていませんか?」と聞かれた。
はっ! きのう・・・くそっ・・・!
昨日の「お迎えフン転がし事件」でウ○チまみれになった後、あまり汚いので背中と足を洗ってやっていた。そのことを告げると「シャンプーは犬の体力を消耗するので、もう一週間経ってからにしてください」
と言われた。
な、なんでやねん!
とても体力使っているようには見えんくらい元気がありあまっとるのに。
また一週間待ちか・・・・

予定が狂ったので、今日はペットショップさんへ行き、ケージを広げてやれるように金網と小物を購入。
帰宅後さっそくセッティング。
今までの倍の広さになり飼い主としては大満足。バロンもさぞや満足であろう。
・・・・・が、これが面倒なことになるとはこの時思いもしなかった。

「バロン、広くなって良かったねぇ」
「今までは寝床や食事する場所とトイレが近すぎたもんねえ。今度はトイレが離せるのでいいね」などと喜んでいた。
ところがバロンあろうことかトイレ用トレイの無いところでオシッコしてる・・・
どうやらなにも置いてない空間へするのが好きらしい。
昨日までは狭かったので空いている空間が無かったので寝床でもなく、食器のそばでもない場所、
つまりたまたまそこしかない場所にトイレ用トレイがあったのでそこで用を足していただけのこただった
のだ。

全然賢くないじゃないのバロンさまっ!

「バロン、いきなりトレイの上でオシッコができてかしこーい、エラーイ」などとよろこんでいたおれたち夫婦は大バカモノであったのだ。

 1  |  2  |  3  | All pages